スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70歳からの制度・サービス(その1)

1. 医療制度

  70歳になると、医療費の自己負担割合や高額医療費の限度額が変わります。
  75歳以上になると後期高齢者医療制度に変わりますので、70歳~74歳の間の制   
 度ということになります。

  70歳以上の自己負担割合は1割負担です。ただし、一定以上所得者は3割負担とな
 ります。
  70歳になると、加入している健康保険から高齢受給者証が交付されますので、健康
 保険証と一緒に受信する医療機関の窓口に提示します。

  高額医療費については、計算の仕方が70歳未満とは異なります。
  外来については個人ごとに計算し、個人単位の自己負担上限額を超えた額が戻されま
 す。

  次に、同一世帯の70歳~74歳の人の入院と外来の自己負担金を合算し、世帯単位
 の自己負担上限額を超えている場合は、申請により戻されます。
  同一世帯に70歳未満の人がいる場合は別の計算方法によりますが、ここでは省略し
 ます。

  入院の場合、窓口で支払うのは自己負担上限額までですが、世帯単位で合算をする場
 合は申請が必要です。

  いずれにしても、病院などで受け取る領収書は必ず保管しておきましょう。
スポンサーサイト

免責事項

 当サイトの記載内容につきましては、法令条文の確認等を行い、正確を期すべく努力しておりますが、内容の正確性について保証するものではありません。  したがって、当サイトの記載内容を利用したことにより生じた損害および法的責任、その他のトラブル等につきましては、一切責任を負いかねますのでご了承ください。  また、できるだけやさしく表現したいと心がけていますので、法律その他の分野の専門用語とは用語の使い方が異なっている場合があります。合わせてご了承ください。
プロフィール

ouhuukai

Author:ouhuukai
 ご高齢の方が安心で平穏な日常生活を送っていただけるようお手伝いいたします。

【http://www.ne.jp/asahi/sakura/kaze/】

【行政書士 櫻田事務所】

 

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。