スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

75歳からの制度・サービス(その1)

1. 医療制度

  75歳になると、後期高齢者医療制度に加入することとなり、それまで加入していた 
 健康保険の被保険者・被扶養者でなくなります。

  また、75歳になった人に被扶養者がいる場合は、被扶養者が75歳未満であっても、
 被扶養者としての資格を失うため、他の健康保険の被保険者または被扶養者となる場合
 を除き、新たに国民健康保険に加入しなければならなくなります。

  国民健康保険に加入する場合は、市区町村で手続きをする必要があります。
  75歳になった高齢者を被扶養者からはずすときには、被扶養者喪失届の提出、およ
 び該当者の被保険者書証、高齢受給者証の返還が必要です。

  高額医療費の限度額については、外来+入院費用の世帯合算は、75歳以上同士のみ
 の合算となります。

 (注)後期高齢者医療制度は、平成21年の衆院選で、民主党がマニフェストで廃止を
   明記していました。
    その後の状況として、政府・民主党は、後期高齢者医療制度を廃止して新制度へ
   移行するため、高齢者医療改革関連法案を今年の通常国会に提出する方針を固めた
   との報道があります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

免責事項

 当サイトの記載内容につきましては、法令条文の確認等を行い、正確を期すべく努力しておりますが、内容の正確性について保証するものではありません。  したがって、当サイトの記載内容を利用したことにより生じた損害および法的責任、その他のトラブル等につきましては、一切責任を負いかねますのでご了承ください。  また、できるだけやさしく表現したいと心がけていますので、法律その他の分野の専門用語とは用語の使い方が異なっている場合があります。合わせてご了承ください。
プロフィール

ouhuukai

Author:ouhuukai
 ご高齢の方が安心で平穏な日常生活を送っていただけるようお手伝いいたします。

【http://www.ne.jp/asahi/sakura/kaze/】

【行政書士 櫻田事務所】

 

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
訪問者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。